女性

もっと気軽に訪ねよう

医者

女性の多くは子宮にまつわる病気や不快感を経験します。特に多い症状が「生理不順」です。通常生理は約1か月程度の周期で5日間ほどの期間毎月起こるものです。排卵、生理は重要なサイクルで、正常に子宮が活動していることを意味します。しかし、ストレスやホルモンバランスの変調で生理が止まってしまったり過度の回数起きてしまうことがあります。この他にも、不正出血やがんなど女性特有の症状がいくつもあるのです。しかし、こうした女性特有の症状は、定期的に婦人科検診を行うことで予防や改善につなげることが出来ます。とてもデリケートな部位なのでついつい検診に訪れることを避けてしまいがちです。しかし、半年から1年のスパンで婦人科を訪ねることが推奨されています。大阪にお住まいの場合、身近な婦人科を訪ねると良いでしょう。

女性の生理は一般的に40代以降閉経に向かっていきます。閉経に向けて女性ホルモンのバランスは大きく崩れていくので、更年期障害に悩まされることがあります。偏頭痛や火照りなどの症状が有名ですが、婦人科を受診し症状を緩和する薬を飲むことで、症状を和らげることが可能です。このように婦人科はその名前の通り、女性にとって非常に重要な診療科です。大阪でも多数の婦人科があり、子宮頸がんの予防接種や定期検診なども積極的に行っています。大阪の場合、自治体費用負担で婦人科検診が出来る場合もありますが、自分のペースで定期的に行えるともっと体への負担を減らせるでしょう。以前よりも婦人科は敷居の低いものです。自分の身体を自分で守るために、大阪で最寄りの婦人科を探してみてください。